審査ではどんなところまで調べられるの?

キャッシングやカードローンを利用しようとする際には色々な審査をされることになります。では、どんなところまで調べられるのか、といいますとまずは借金です。どこからお金を借りているのかを調べられることになります。しかし、これは目的ローンは別になります。

目的ローンとは家を買う時の住宅ローンや車のローンなどです。これはキャッシングにおいては評価、調査されるところではないです。但し、申告してください、と言われることはあります。言う必要がないことが多いですから、その点は安心してよいでしょう。

ちなみに他の消費者金融やカードローン業者から一体いくら借りているのか、と問われるでしょうからこれはキチンと申告するべきです。嘘をついたところで意味がないです。キチンと調べることができる手段が業者にあるわけです。その為、調べられることは確実になります。

では、どうしてそんなことを聞くのかというとある意味では信頼できる人であるのかどうかの審査の一つともいえます。意外と嘘をつく人がいるからです。それだけは信用を下げることになりますから、やらないほうがよいです。

また、在籍確認というのをされます。これは勤め先に本当にその人が存在するのかどうかの確認です。何もお金を借りようとしている何々さんと言う人が、と言われるわけではないです。あくまで知人を装い、確認してくれますからそこまで気にしないでも良いでしょう。金融信用情報と身分証明、在籍確認、というあたりが確実に調べられることです。

住所に関しても具体的に何処にあるのか、を今はインターネットを使って調べることが殆どです。これもやられることが多いですから、注意したほうが良いでしょう。住所を調べられる時に近くの建物などを問われる場合もあります。つまりは本当にその住所に住んでいるのかという確認でもあります。但し、これは水道光熱費の支払い用紙などで確認されることもあります。審査をされるとしてもあくまで金融信用情報のみです。

銀行のカードローンの保証会社ってそもそも何なの?

三井住友銀行カードローンなど銀行のカードローンを申し込むと必ずと言っていいほど、審査の条件に「提携している保証会社の保証が受けられること」って条件が付いてきます。そもそも銀行が保証会社をつける意味は、最低ふたつの理由があります。

ひとつはカードローン審査を保証会社に丸投げできること、もうひとつはカードローンを実行後、日常の利用者の管理(借入返済状況のチェックや延滞督促管理)を任せたり、利用者が支払い不能に陥ったとき、保証会社にその借入残債を代払いさせて債権を回収する先として使います。

銀行は債権を回収できればそれでカードローン債権は保証会社に移るので、後の回収交渉はすべて保証会社がやってくれ、リスクもなく次のカードローンの販売に専念できます。

このような仕組みになっているので銀行にとって保証会社というのは大変便利な会社なのです。

大手都市銀行はほとんどが大手消費者金融をグループ傘下に組み入れているので、個々のメガバンクが発行しているカードローンもストレートに言えばすべて傘下の消費者金融業が審査を下請けしているといっても過言ではありません。都銀においてカードローンはただ金利だけ利用者からいただけて、リスクはすべて消費者金融業者が抱えてくれる、本当においしい商売なのです。

この仕組みは地方銀行もほぼ同じで、中には都銀同様大手消費者金融業者と提携して保証会社になってもらってカードローン販売しているところもある一方、資本を共同出資して新たに保証会社を作って地銀が共同でその会社を利用しているケースもあります。また地銀が自社単独で資本を出して作った保証会社と地銀グループの中で共同利用している保証会社を利用して、別のタイプのカードローンを2種類販売している銀行もたくさんあります。これは主に異なるターゲートを念頭に置いたカードローン戦略に基づいています。

またネット銀行等の中には自社で違ったタイプの保証会社を2社作り、ひとつの会社で審査が通らなかったカードローン申込者をなんとかもうひとつの保証会社で通過させて、自分の銀行でなんとかカードローン契約者を抱え込もうとする経営戦略を取っている会社もあります。

このように保証会社を利用する方法は銀行によりさまざまですが、いずれもカードローン取引を拡大するために使っているということでは全く同じ機能を持っていると思います。

PAGETOP
Copyright © カードローン審査攻略 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.